FC2ブログ

☆どたばた介護日記☆退院

 2008-11-20
3ヶ月の入院生活~いろんな事がありました。
えっなんで、そうなの、参ったね~などなどがあるんですが
ここは、スルーするであります。
ただ、やっぱ大きな病院ってって感じっ(想像して)

では、退院2週間前にもどります。
先生より来週末あたり退院を考えてますと~~~~っ
しかし次の週の月曜日に熱が出てしまい
原因究明のため、血液検査、その他の検査をしました。
しかし、その週には先生から結果、どうするかの答えはなく
私らをやきもきさせました。(こういうことが多いんです。)
っで結果、退院の事を看護師さんを通し先生に聞いてもらうと
退院は、考えてます。決まったら家族に連絡するとの事でした。
熱は、この日だけでしたので
今週は、だめだけど来週あたりだな~皆が思いました。
そして2,3日後、ゴリ男が見舞いに行くと
じい様から「俺、今日先生にいつ退院するって聞かれたんだけど」????
      
なんのこっちゃっ
退院は、患者が決めるのかいっ
先生連絡するって行ったでしょっ
まったく検査結果も教えず、
じい様っちゃんと突っ込みしてください。
「家族に聞いてみないと」なんて甘いこと言うなっです。
だったらこっちで決めていいんだなと決めました。

退院3日前です。
この日は、介護申請を出したので
福祉の調査員さんが来ることになってました。
これが終わったら、先生に○日に退院する事を告げました。
じい様は、退院できるとウホウホ状態です。元気印…

この調査員とのやり取り~神経使いました。
だってここの調査さ先生の意見書で審査し
認定がおりるか決まるんですもの
しかしこのウホウホじい様っ
私の何でもできるみたいなこと言わないでを無視し暴走
質問にはいはい答える…なんどこぶしを握り締めたか
調査の様子は次回ということで~~~。




                    つづく(^^:)



☆どたばた介護日記☆入院

 2008-11-19
あれは、暑~~い夏の夕食後の時でした。
じい様の様子がおかしいとサル吉が言いに来たのです。
見に行くと確かにおかしい、息苦しさを訴えます。
こりゃやばいっとすぐに救急車を呼びました。
その間にもじい様の息苦しさは増すばかり
私達は、救急隊の電話の指示にしたがい、
体を楽の姿勢にし待ちました。数分ですが長かったこと。
そして救急隊が来るや、酸素マスクをつけてくれ一安心
しかし救急車に乗るとじい様の意識がなくなりました。
この時…やばいんじゃないのが頭をよぎります。

そして病院に着くき治療開始
待ってる間もじい様の色んな事を聞かれたのに
「話しないからわからない」というばあ様(--:)
おまけに自分の病気の話をし暴走
初めての出来事で気が動転したのはわかりますけどね
「あんたの事は聞いてないからー」と何度も言いたくなりました(^^:)

そして治療が終わり、先生からのお話
心筋梗塞が悪さをし心不全になっていたと
1ヶ月くらいで退院できるでしょうとの事でした。
もう少し来るのが遅かったら助からなかったと…
でも今、落ち着いてるので
この日は一度帰ることに~帰ったんです。
しかし落ち着いていたはずのじい様に不整脈がでてしまい
急遽カテーテルをすることに、また病院に向かいます。

……この時、またしても
じい様まじやばいんじゃないのが頭をよぎりました。
おまけに何かあったらうちの中汚れてるし
親戚がくるなら掃除しなきゃいけないじゃんなどと
不謹慎な事を考えてしまいました(^^;)なんて嫁(^m^)

この後~ペースメーカーをうめたり
色んな治療~1ヶ月の予定の入院が
3ヶ月弱の入院になろうとは~誰もが思いませんでした。

そしていよいよ退院です。

                                      つづく(^^:)



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫